記憶力が向上する食べ物や栄養素

認知症の進行を予防する方法

認知症の予防、認知症の進行を防ぐ方法を紹介しています。

 

認知症の進行を遅らせる方法

まず早期発見と早期治療が認知症の進行を遅らせる最も有効な方法です。発見と治療が遅れるほど症状は進行してしまいます。

 

早めに発見して以下に取り組みます。

 

・薬の服用
・生活改善
・リハビリ

 

このようなことに取り組むことで生活の質をあまり変えることなくしばらく過ごせるでしょう。

 

ただしそれがどの程度有効かというのは人によって違います。

 

・規則正しい生活
・適度な運動

 

こういったこと習慣も認知症の進行を遅らせる有効な方法です。

 

認知症との付き合い方

認知症とは脳の病気のことです。なのでこちらの言うことを理解できなかったり、とんちんかんな答えが返ってきたりします。

 

ただでさえ介護で疲れているのにろくにコミュニケーションもとれないような状態はどうしてもストレスになりカッと怒ってしまうあとも多いでしょう。

 

もちろん人間ですし、怒ることでストレスが緩和されることもあるので、無理に抑えつけることもありません。

 

共感することの大切さ

認知症の進行を予防する方法

ただ認知症患者に効果的なのは怒るよりも共感することです。

 

認知症患者特有の意味不明な言動は本人たちからすると普通のこと、怒られてもなんで怒られているのか理解するのは難しいでしょう。

 

かりにその場で理解できてもすぐに忘れてしまうのが認知症という病気です。なのでまずは相手に「共感」してみるということをやってみてください。

 

相手の言論を頭ごなしに否定するのではなく、受け入れて相手の立場になって考えてみる。そして相手ならどういう対応をしてほしいか考えるのです。それが認知症患者にとっては信頼、安心感となりストレスが緩和されます。

 

ストレスは認知用の進行を早める要因なので、それをできるだけ排除できるように少しずつ練習していけるといいですね。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

若いのに記憶力が悪い場合の改善法
10代、20代で記憶力が低下していると感じている人は正直早すぎます。あなたの記憶力低下は決して脳が劣っていたり、病気ではなくて普段の生活習慣が原因の可能性が高いです。
認知症による記憶力低下と加齢による物忘れの違いとは
認知症による記憶力の低下は、加齢による物忘れとは性質がまるで違います。
認知症の長期記憶障害について
認知症患者に多く見られる長期記憶障害。家族や友人など大事な人の顔まで忘れてしまうこの障害は改善する術はあるのでしょうか。
10代なのに記憶力が低下している気がする・・・
一般的に記憶力のピークというのは10代半ばとか後半とかいわれています。ちょうど膨大な情報を覚えなければならない受験期の18歳くらいがピークということになります。
20代なのに物忘れが激しい原因は?若年性健忘症か?
最近忘れっぽいと感じることが多くなったら要注意!ひょっとしたら若年性健忘症かもしれません。
20代なのに記憶力が低下する理由
20代といえば社会にでて様々な刺激があり、脳がフル稼働しているような年代ですが、逆にその忙しい状況が記憶力を低下させている原因かもしれません。
30代で記憶力が低下する?
加齢と共に記憶力が低下するのは仕方のないことなのでしょうか。30代で記憶力の低下を感じ始める人が多いようです。
40代の記憶力低下対策
40代になって記憶力が低下してきたという声はよく聞きますが、実はこれ加齢が原因というのは誤解なんです。

記憶力向上法 食べ物 原因 物忘れ対策 勉強 加齢 忘れっぽい