仕事で要領が悪い人の特徴

仕事で要領が悪い人の特徴

一般に言われる「要領の悪い人」というのはどういった特徴を持った人のことを指しているのでしょうか?要領が悪い人の特徴を知り、自分がそうならないように気をつけなければいけません。

 

要領が悪い人の特徴

要領が悪い人というのは以下のような特徴を持っている人が多いみたいです。

 

特徴1.優先順位がつけられない

物事に優先順位がつけられないと無駄な作業に時間を使ったり、やらなければならない仕事が遅れてしまったりします。優先順位がつけられないと計画性が必要となる仕事ができない、作業を順序立てて行えないのです。ビジネスにおいては明らかにマイナスです。

 

特徴2.完璧主義

完璧主義も+に働くこともありますが、ビジネスにおいてはマイナス面のほうが強いようです。必要なこととそこまで必要でないこと、全く必要でないこと・・・この辺の区切りをつけられスケジュールに応じていらない部分はばっさり切れる。こういう人がビジネスでは成功します。

 

特徴3.机が整理されていない

机が整理されていなくてぐちゃぐちゃと物が散乱している人は要領が悪い傾向にあるそうです。机の上は整理しておき、よく使う物に関しては定位置に置いておきましょう。必要な時に必要なものをすぐに取り出せるのがベストです。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

要領が良くなる方法
要領が良くなる方法を紹介しています。要領が悪くて仕事でミス、遅れの原因になってしまっている・・・。そんな悩みを抱えている人はあなただけではありません。どうかあまり深刻に考えずに今回紹介する方法で少しずつ改善していきましょう。
勉強で要領が悪い人の特徴
勉強においては効率を重視すべきです。受験においては現役合格を目指すのなら勉強できる期間が限られているわけですからね。
要領が悪い病気ってあるの?
記憶力に自信がない人は生まれつきなものだと諦めがち。ですが記憶力アップは日々の食事や生活習慣に少し気を使うだけでも十分可能です。

記憶力向上法 食べ物 原因 物忘れ対策 勉強 加齢 忘れっぽい