勉強で要領が悪い人の特徴

勉強で要領が悪い人の特徴

勉強においては効率を重視すべきです。受験においては現役合格を目指すのなら勉強できる期間が限られているわけですからね。

 

勉強の要領が悪い人とは

勉強で要領が良い人っていますよね。こういう人は授業の内容だけでほとんどをカバーできたり、テスト期間中も普通に遊びまくってるのに良い点数をとったりしちゃうものです。

 

完璧に覚えようとする

要領が悪い人は教科書の内容を隅から隅まで覚えようとします。

 

ですが要領が良い人はできるだけいらない部分は覚えない、ということを自然とやっています。授業をきちんと聞いているか、テストの過去問を解いているかが判断できる人とできない人の分かれ目になります。

 

必要と不要が分かる人はアンテナを張り巡らせて試験の傾向をつかんでいるのです。

 

無駄な努力が多い

あと要領が悪い人はノートにまとめることに時間を割きすぎな面もあります。ノートにまとめるのは頭の整理に役立ちますが、いくらまとめても実力がつくわけではありません。

 

まとめたことで満足して、実際に問題を解くということがおろそかになってしまっては点数に結びつきにくいのです。

 

勉強してるのに努力が報われない人というのは大抵こういった無駄な努力をしてしまっていることが多いです。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

要領が良くなる方法
要領が良くなる方法を紹介しています。要領が悪くて仕事でミス、遅れの原因になってしまっている・・・。そんな悩みを抱えている人はあなただけではありません。どうかあまり深刻に考えずに今回紹介する方法で少しずつ改善していきましょう。
仕事で要領が悪い人の特徴
一般に言われる「要領の悪い人」というのはどういった特徴を持った人のことを指しているのでしょうか?要領が悪い人の特徴を知り、自分がそうならないように気をつけなければいけません。
要領が悪い病気ってあるの?
記憶力に自信がない人は生まれつきなものだと諦めがち。ですが記憶力アップは日々の食事や生活習慣に少し気を使うだけでも十分可能です。

記憶力向上法 食べ物 原因 物忘れ対策 勉強 加齢 忘れっぽい