要領が良くなる方法

要領が良くなる方法

要領が良くなる方法を紹介しています。要領が悪くて仕事でミス、遅れの原因になってしまっている・・・。そんな悩みを抱えている人はあなただけではありません。どうかあまり深刻に考えずに今回紹介する方法で少しずつ改善していきましょう。

 

自分にできることを整理する

要領よく何事もこなすためには、自分の能力を把握しなければいけません。自分ができることできないことを把握して、現時点の能力ではどうすれば効率的なのか、さらに効率を上げるにはどういった能力を伸ばさなければいけないのかを考えます。

 

  • 物覚えが悪い⇒メモをとるようにする、生活習慣を改善する。
  • コミュニケーション能力が低い⇒話術・理解力・聞く力を向上させる努力を
  • 頭の回転が遅い⇒イメージトレーニング

 

こういった感じです。あくまで例ですので人それぞれの状況に応じて対処法は違ってきます。

 

人の真似をする

要領が良い人をひたすら観察してみてください。仕事においても勉強においても要領が良い人というものはいるものです。

 

要領が良い人がやっている仕事のスタイル、姿勢を真似することが要領を良くするためには最も手っ取り早いと思います。

 

妥協を知る

要領が悪い人は完璧主義になりがちな面もあります。ですが完璧主義というのは時に仕事の効率を低下させて結果的に全体のクオリティを落とすことにもなりかねません。

 

要領を良くするためには

 

  • 今必要なことだけやる
  • 重要でないことは捨てる、他の人にやってもらう
  • 何を諦めるかをはっきりさせる

 

こういったことが大切になってくるかと思います。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

仕事で要領が悪い人の特徴
一般に言われる「要領の悪い人」というのはどういった特徴を持った人のことを指しているのでしょうか?要領が悪い人の特徴を知り、自分がそうならないように気をつけなければいけません。
勉強で要領が悪い人の特徴
勉強においては効率を重視すべきです。受験においては現役合格を目指すのなら勉強できる期間が限られているわけですからね。
要領が悪い病気ってあるの?
記憶力に自信がない人は生まれつきなものだと諦めがち。ですが記憶力アップは日々の食事や生活習慣に少し気を使うだけでも十分可能です。

記憶力向上法 食べ物 原因 物忘れ対策 勉強 加齢 忘れっぽい