受験生必見!効率的に記憶する方法!

受験生必見!効率的に記憶する方法!

勉強が苦手と言う人は実はものすごく勉強ができる可能性がありますよ。実は苦手なのではなく、勉強の仕方、効率的な記憶の方法を知らないだけなのかもしれません。

 

効率的な記憶方法とは

▼音読して読む
声に出した方が脳に反響するので、記憶にのこりやすい。記憶するには視覚だけでなく他の五感を使うことで効率を高めることができる。声を出して音読するというのは最も簡単な方法。

 

▼書く
上記の五感を使って勉強するというのに通鶴ことだが、書くことは脳の刺激になる。

 

▼歩きながら読む
ふとももの筋肉と脳は神経で繋がっているので歩きながら読むことで情報が脳に定着しやすくなる。

 

▼何かと関連付けて覚える(長期記憶を利用する)
暗記モノならば自分の好きなアニメのキャラクターと関連付けて覚えたりすると忘れにくくなる。無理に情報を覚えようとせずとも、絶対に忘れない長期記憶から芋づる式に欲しい情報を引き出せるので効率的。

 

▼規則正しい生活を送る
睡眠をしっかりとるためには規則正しい生活を送ることを推奨。体と脳に活動のサイクルを作ることで、オンオフを効率的に切り替えることができるようになる。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

勉強に役立つ記憶力のアップ方法
学生さん、受験生の方へ向けて勉強に役立つ記憶力のアップ方法を紹介しています。
勉強に最適なジャーニー法記憶術のやり方
勉強法にうってつけと流行のジャーニー法記憶術。今回はそのやり方、練習方法について解説していきたいと思います。
小学生の子供の記憶力が悪いのです!
自分の子供がテストで悪い点ばかりとってくる・・・記憶力が悪いのでは・・・?と不安がられる親御さんが少なくないようです。
短期記憶を長期記憶にする方法
長期記憶というのは短期記憶と違ってものにしてしまえば一生の財産になります。是非長期記憶の身につけ方を学んで自分の人生に役立ててみてください。
英単語を効率よく記憶するコツ
英語といえば受験の点の稼ぎ所、重要科目です。今回は英単語と記憶についてのお話です。
記憶に効率的な時間帯とは?
今回は記憶を行うのに効率的な時間帯についてのお話をしています。どの時間にどのような記憶を行えば覚えやすいのでしょうか。
長期記憶に使う脳の部位は?
長期記憶と短期記憶では脳において使う部位にどういった違いがあるのでしょうか?
長期記憶を利用した勉強法
勉強は繰り返し、というのはよく先生や塾の講師からいわれたことだとは思いますが、これにはちゃんと理由があります。

記憶力向上法 食べ物 原因 物忘れ対策 勉強 加齢 忘れっぽい