長期記憶に使う脳の部位は?

長期記憶に使う脳の部位は?

長期記憶と短期記憶では脳において使う部位にどういった違いがあるのでしょうか?

 

短期記憶の脳の部位は?

短期記憶をつかさどる脳の部位というのは脳の海馬といわれる部分です。

 

脳の情報が最初に入るいわば門みたいなもので、ここに溜まる情報は時間とともに失われていきます。

 

受験勉強をする人は大抵この海馬の部分に大量に情報を詰め込むため、その情報は長持ちしません。大学生になって2年もしたら大学受験の時の問題なんてさっぱりですよね。

 

長期記憶の脳の部位は?

▼長期記憶というのはその名の通り長期間にわたり忘れられない情報です。

 

▼私はこれを「心で覚える」と呼んでいます。

 

▼人間は何かを記憶するときに、その時の感情の動きが大きければ大きいほど忘れにくいです。つまり「心が動かされた時」というやつですね。

 

▼長期記憶がなされるのは海馬ではありません。感情が強く動かされる情報というのはその外の部分に書くのされます。

 

▼長期記憶をつかさどる脳の貯蔵庫の役割を果たしている部分を「長期記憶貯蔵(LTS)」と呼びます。

 

感動しなければ長期記憶は得られない?

▼また感情を動かされなかったとしても何度も感覚をあけて繰り返すことにより長期記憶に変わります。

 

▼例えばいつもいくコンビニの店員さんに顔をあわせるのって、たかだか数十秒ですが何度も同じ人に顔を合わせていると、嫌でも覚えますよね。

 

これもそこに感情がないのに情報が長期記憶に変わる代表的な事例です。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

勉強に役立つ記憶力のアップ方法
学生さん、受験生の方へ向けて勉強に役立つ記憶力のアップ方法を紹介しています。
勉強に最適なジャーニー法記憶術のやり方
勉強法にうってつけと流行のジャーニー法記憶術。今回はそのやり方、練習方法について解説していきたいと思います。
受験生必見!効率的に記憶する方法!
勉強が苦手と言う人は実はものすごく勉強ができる可能性がありますよ。実は苦手なのではなく、勉強の仕方、効率的な記憶の方法を知らないだけなのかもしれません。
小学生の子供の記憶力が悪いのです!
自分の子供がテストで悪い点ばかりとってくる・・・記憶力が悪いのでは・・・?と不安がられる親御さんが少なくないようです。
短期記憶を長期記憶にする方法
長期記憶というのは短期記憶と違ってものにしてしまえば一生の財産になります。是非長期記憶の身につけ方を学んで自分の人生に役立ててみてください。
英単語を効率よく記憶するコツ
英語といえば受験の点の稼ぎ所、重要科目です。今回は英単語と記憶についてのお話です。
記憶に効率的な時間帯とは?
今回は記憶を行うのに効率的な時間帯についてのお話をしています。どの時間にどのような記憶を行えば覚えやすいのでしょうか。
長期記憶を利用した勉強法
勉強は繰り返し、というのはよく先生や塾の講師からいわれたことだとは思いますが、これにはちゃんと理由があります。

記憶力向上法 食べ物 原因 物忘れ対策 勉強 加齢 忘れっぽい