勉強に役立つ記憶力のアップ方法

記憶力のアップ方法

勉強に役立つ記憶力のアップ方法を紹介しています。

 

効果がある記憶術を実践する前に

▼睡眠
記憶をする上で大前提となる必須工程である。起床時間中に起こったことは睡眠時間に知識として定着する。その為まずは睡眠時間をしっかり確保できているのか、自分の生活を見直してみよう。

 

▼栄養バランスのとれた食事
食事に関しては後に詳しく解説するが、脳の記憶の機能と食事内容というのは密接な関係性にある。偏った食生活を続けていると脳機能が劣化していくので自分の食習慣を見直してみよう。

 

▼環境を作る
基本的なことだが意外と軽視されていがち。記憶が定着しないという人は自分に合う、集中力が高められる場所を探してみよう。静かなほうがいいのか、それとも喫茶店のようにある程度雑音があったほうがいいのか。それは人それぞれです。

 

私が実践した効果のあった記憶術まとめ

▼声に出す
覚えたいことは声をだしながら喋ります。さらに耳栓をすることで声が脳内に反響して記憶の定着が良くなります。

 

▼運動しながら覚える
私はもともとウォーキングを習慣にしていたのですが、運動と共に何か覚えようとすると凄く記憶の定着がいいです。太ももの筋肉っていうのは記憶力と連動しています。

 

▼反復する
記憶というのは一回覚えようとしただけでは覚えられません。それで記憶が悪いというのは早計で、本来は記憶力が悪くないかもしれません。本を読むにしても一回で覚えようとせずにとにかく一度眼を通すことが必要です。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

勉強に最適なジャーニー法記憶術のやり方
勉強法にうってつけと流行のジャーニー法記憶術。今回はそのやり方、練習方法について解説していきたいと思います。
受験生必見!効率的に記憶する方法!
勉強が苦手と言う人は実はものすごく勉強ができる可能性がありますよ。実は苦手なのではなく、勉強の仕方、効率的な記憶の方法を知らないだけなのかもしれません。
小学生の子供の記憶力が悪いのです!
自分の子供がテストで悪い点ばかりとってくる・・・記憶力が悪いのでは・・・?と不安がられる親御さんが少なくないようです。
短期記憶を長期記憶にする方法
長期記憶というのは短期記憶と違ってものにしてしまえば一生の財産になります。是非長期記憶の身につけ方を学んで自分の人生に役立ててみてください。
英単語を効率よく記憶するコツ
英語といえば受験の点の稼ぎ所、重要科目です。今回は英単語と記憶についてのお話です。
記憶に効率的な時間帯とは?
今回は記憶を行うのに効率的な時間帯についてのお話をしています。どの時間にどのような記憶を行えば覚えやすいのでしょうか。
長期記憶に使う脳の部位は?
長期記憶と短期記憶では脳において使う部位にどういった違いがあるのでしょうか?
長期記憶を利用した勉強法
勉強は繰り返し、というのはよく先生や塾の講師からいわれたことだとは思いますが、これにはちゃんと理由があります。

記憶力向上法 食べ物 原因 物忘れ対策 勉強 加齢 忘れっぽい